不動産査定から売るまでの期間は?

不動産の売却を検討している人は、まず不動産査定をしてもらうことになると思います。

少しでも高く売却することが出来るようにするためにいくつかの不動産会社に査定をお願いする人もいると思うのですが、不動産査定はあくまでもこの家にどのぐらいの価値をつけることができるのかを調べるということになりますので、査定額をだしてもらった金額でそのまま売れるということではないのです。

まずは、不動産査定をしてもらって不動産を売却する手続きをしてもらう会社を選定することになります。そこから家を売りにだしているということを周知する為に、チラシをくばってもらったり不動産を探している人の家の情報を提供したりすることをしてもらいます。

そこから購入を検討している人が見つかればその人の条件などを聞き、最終的な値段を決めることになります。この時点で結構な期間はたっているのです。スムーズに購入してくれる人が見つかればいいのですが、家は大きな買い物になりますのでなかなか簡単には決まりません。

人により期間は違いますが早くても3か月以上はかかるといわれています。不動産査定を行い、新しい家を購入してくれる人がスムーズに見つかったとしてもお互いに必要になる書類を用意したりする期間もありますし、住宅ローンを組む場合は住宅ローンを申請して審査が通るまでに時間がかかる場合もあるのです。

不動産査定をしてから完全に売却ができるようになるまで、時間がかかるということを覚えておくようにしましょう。

不動産査定の一括査定はできる?

不動産を売却することを検討している人は、インターネットでいろいろな情報を見ることになると思います。どのようにしたら不動産を高く売ることが出来るのかなど、今はインターネットでいろいろな情報をみることができますので調べる人も多くいると思います。

不動産を売却したいと思っている人は、まずは不動産の査定をしてもらうことからはじめなければなりません。建物や土地にどのぐらいの価値がつくのかを調べてもらうのが不動産査定です。

不動産査定をする為には不動産会社の人に見てもらわなければなりません。

しかし、不動産会社のどこに頼めばいいのかわからないという人もいると思いますので、その場合はいくつかの不動産会社にお願いをしてみましょう。不動産査定は一括で査定をしてもらうことができるのです。

ただし、不動産会社の人を何人か呼び、同時に査定をしてもらうということではなく、個別に査定をしてもらうということになります。不動産会社によっては査定額も変わってきますので、その中から一番高い査定額を出してくれるところにお願いするのが高く売るためのポイントです。

家に来てもらう方法もありますし、インターネットで土地の坪数や築年数などの情報を入れるだけで一括査定をしてもらうことができる方法もあるのです。不動産会社はたくさんありますので、どこに依頼をすればいいのか悩んでしまうと思います。

知っているところがない場合や、どこにお願いしたらいいか悩んでしまう場合は一括査定をお願いしてみることをオススメいたします。

不動産査定はすぐしてもらえる?

不動産の売却を検討していて、すぐにでも不動産の売却をする為に動き出したいと思っている人は、まず不動産査定をしてもらうことから始めることになるのですが、どこの不動産会社に依頼するのかが決まっていない場合はいろいろな不動産会社に声をかけることになると思います。

どこの不動産会社にお願いするのか、いくつかの不動産会社をピックアップできれば次は不動産査定をしてもらうことになります。

あまりにも急いでいる場合はインターネットで一括査定をすることもできますが、状態を把握せずに築年数や土地の広さなどだけで査定額を決めることになりますので、実際に訪問査定をする時ほど明確な数字はだせないといわれています。

しかし、訪問査定をしてもらう場合は相手に合わせなければいけないこともありますので、すぐに来てほしいと思っていてもなかなか思うように来てもらえないこともあります。いろいろな会社にお願いしている場合は、何週間かにわけてきてもらうことになりますので少し時間がかかります。

不動産査定はその場で口頭での査定額を教えてもらうことになりますのですぐに査定額を知ることはできますが、何回も来てもらうとなると時間もかかることになります。

すぐに不動産査定をしてもらいたいと思っている場合は、相手が来られる最短の日を教えてもらうようにして、その時間帯に合わせてこちらも動くようにしましょう。不動産査定を早くしてもらっても売却をするまでには時間がかかるということは覚えておくようにしましょう。

不動産査定は荷物があってもできる?

不動産査定を行ってもらう場合に一番気になる点は、どのような方法で不動産査定を行ってもらうことができるのかということです。実際に家に住んでいる状態で不動査定をしてもらう場合は、家に荷物が入った状態でしてもらうことになると思います。

生活感があふれている状態で不動産査定をしてもらうことにより価値が変わってしまうんではないかと思ってしまう人もいると思うのですが、家の荷物がある状態でもない状態と変わらずに不動産査定をしてもらうことが出来るのでしょうか?

不動産査定をしてもらう方法は2パターンあります。一つは家に訪問をせずに査定をする方法です。家を見ずにどのように査定をするのかというと、建物の面積・土地の面積・間取り・築年数が必要になります。全てを把握しておくとインターネットで一括査定をすることもできます。

すぐに結果をみることもできるのでとても便利な方法ですが、家の様子を見てもらえていないことから査定額が変わることも多くあるようです。そしてもう一つの査定の方法、それが訪問見積もりです。

家に見積もりに来てもらう時、家の中に荷物がある状態でも査定をしてもらうことはできるのです。

ただ、一つ言えることは生活スペースがどのぐらいの広さなのかを見られているということになるので生活スペースを多く見せられるようにしておく方が良いといわれています。査定をしてもらう方法は2つありますので家に荷物がある状態で嫌な場合はまず情報だけで査定額を出してもらうようにしましょう。

土地の値段はすぐに変動するの?

私たちが住んでいる家の広さを計算する時、坪という単位を使って計算することになります。この坪の値段によって土地の値段も変わってきますので家を購入する時に、その坪の値段が安いところだと安く土地を購入することが出来るのです。

何坪購入するのかによってもかわってきますし、売却をする時も一坪いくらの値段になるのかによって売却をする値段が変わってくるといわれているのです。土地の値段についてなのですが、坪の値段は基本的には決まっています。

坪の値段を知るために国土交通省の土地情報総合システムを見ることが多いといわれています。過去の坪の値段を見ることが出来るのでとても便利な情報源なのです。土地の値段はすぐに変動すると思っている人もいると思うのですが、実際にそうは簡単に変動しないといわれています。

ただし、一般人である私にはいつぐらいのどのように変動するのかを知ることはできません。しかし、今まで高級な土地だったところが急に安くなるというようなことはありません。こういった土地の情報サイトなどを見てだいたい1坪がいくらぐらいなのかを参考に見てみるといいですね。

購入する人も売却をする人も坪の値段はとても重要なポイントになります。特に購入を考えている人はどの地域の土地が安いのかを調べておくといいですね。土地情報総合システムに関しては1年に4回ほど更新をしているようなので購入の場合も売却の場合も確認してみるといいですね。